保険ショップで気になる死亡保障

生命保険

入りたいのならどんな種類があるのか知らなければ。

将来の備えに保険ショップへ行って相談をしたがる中高年が昔と比べて増加している ようですが、保険の内容はとても複雑なので話を聞いてもよくわからない、スタッフ のFPに言われるがまま契約してしまった、ということも多いようです。 保険代理店の方が自宅にやってきて時間をかけて説明してくれるのなら少しは理解 しやすいかもしれませんが、保険ショップだとそんなにたくさんの質問をすることが 時間的にも難しそうな雰囲気もあり、疑問点を残したまま契約してしまうケースが けっこうあるらしいのです。

続きを見る

死亡保険と終身

生命保険で最重要視されるのが死亡保険ですよね。

なんのために生命保険に入るのか、ほとんどの方は死亡時に残された家族達のために お金を残すためではないでしょうか。 働き手の自分が不慮の事故や不治の病で命を落としてしまったら、収入がなくなって 家族を養うことができなくなってしまいます。 そうなった場合に備えて月々掛け金を支払ってまんがいちの時に補償を得るのが 生命保険、そう認識されている方がほとんどだと思われます。

続きを見る

掛け捨ての死亡保険

一定期間だけでいいから死亡保障が欲しい場合はこれです。

掛け捨ての死亡保険は定期保険とも呼ばれる通り、決められた期間のみ有効な 生命保険でその分月々の掛け金は少額になっています。 もしも自分が定年退職する前に死んでしまったら困るけど、それ以降ならいつ死んでも 家族は金銭的に辛い思いをしないだろう、といったように、保障してもらいたい時期が 明確に決まっているのならこの掛け捨てタイプがいいでしょう。

続きを見る

収入保障保険

収入保障は保険金の受け取り方がちょっと変わっています。

生命保険は加入者が死亡した時に新築の注文住宅がゲットできそうな大金が手に 入るものだと思っている人ばかりでしょうし、あながち間違ってはいません。 ですが保険金を一括ではなく年金のように、高額ではありませんが毎月継続して 受け取るタイプの生命保険もあり、それが収入保障保険です。

続きを見る

オフィスアスチルベ
http://www.asuchirube.jp/
名古屋市で障害年金の受給相談、申請代行
tel.0568-62-7778(年中無休 9時~23時)